ご相談例:銀行口座はプライベートのものをそのまま使ってもOK?事業用とプライベート用と分けるべき??

個人事業主さんから聞かれる質問で特に多いのが、経理関係のこと。

経理的な知識を持っていないので、開業した後どのように処理すれば良いか不安…
税理士に頼むほどの資金的な余力はないしどうしよう…

このようにお悩みの方は非常に多いです。

弊社でご契約いただいているお客様に関しては、こちらで書類の保管の仕方や経理をスムーズに進める準備等をお手伝いさせていただいておりますが、無料創業相談にお越しいただいた方には以下の点を必ずお伝えしています。

銀行口座は事業用とプライベート用を必ず分けるべき

個人事業主として開業した際、銀行口座は基本的に個人名義の口座を使います。(屋号での口座開設も可能です)
今までに使っていた個人の銀行口座をそのまま使うことも可能ですが、新しく開設する方がお金の管理がしやすくなりおすすめです。銀行に限らずネットバンクや信用金庫等の金融機関でも構いませんので、ぜひ事業用に1つ口座を開設しましょう。(使っていない銀行口座を事業専用として使っても構いません)

事業用のクレジットカードを作り事業用の口座から引き落とす

何か物品を購入する等、事業に関わる支払いをする際はクレジットカードでの支払いをおすすめしています。
クレジットカードも銀行口座と同じで、プライベート用を使わず事業用に1枚用意するようにし、事業に関わる支払いをする際はそのカードを使うようにし、引き落とし口座は事業用の口座に設定しておきましょう。

事業主の給与は、事業用口座からプライベート口座へ振り込む

給与を要しない場合は不要ですが、プライベート利用するお金は事業用口座からプライベート口座へ振り込んでおきましょう。

経理ソフトを活用する

事業主となったら必ず確定申告業務が発生します。直前に慌てなくてすむように事前の準備が必要となってきますが、経理業務を各段にラクにするために必要となるのが経理ソフトです。

経理ソフトは本屋さんや家電量販店等でよくみかけるダウンロードタイプのものと、クラウドタイプがありますが、おすすめは断然クラウドタイプです。

ダウンロード版はダウンロードを行った機器(パソコン)でしか操作ができませんが、クラウドであればアカウント管理されていますので、IDとパスワードさえ入力すればどんな端末(お手持ちのスマホやタブレット、別のパソコン)からでもアクセス可能となり利便性が高いです。

かつ、事業用の銀行口座や事業用のクレジットカードのデータと連携(初期設定必要)ができますので、銀行口座の入出金情報やクレジットカードの利用明細が自動的に経理ソフトにデータとして反映され、ひとつひとつ手入力する必要がなくなり経理業務が格段に簡素化されます。
さらに、確定申告の書類まで会計ソフトで作れてしまうものもあるので、使わない手はないですね。

このように、事業とプライベートをきちんと分けておくことで公私混同せず事業の収益を把握できるようになり、税務調査や税理士に相談する際にもプライベートの支出を公開する必要もなくなるというメリットがありますので、創業時こそきちんと着手し、事業に集中できる環境を整えてくださいね!

【大好評!】無料創業相談実施中!
皆さんが本当に望んでいる姿を明確にし、それぞれに合う形を一緒に考えサポートします。
まずは気軽に夢のお話をしていただき、頭と気持ちの整理をしたり、やる気を高めましょう!
相談は無料、お子様連れでのご相談も大歓迎です♪
お問合せ、チャット等でご希望の日時をお送りくださいね!お待ちしております!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です