ご相談例:従業員雇用に使える助成金を知りたい!コロナ禍で厳しいけれど新たに従業員を雇用しようと考えており、何か使える助成金はありませんか?

コロナの影響で業績が不調な企業さんも、逆に順調な企業さんもあるかと思います。

さて、「コロナ、従業員、雇用」というキーワードを聞くと「雇用調整助成金」が頭に浮かぶ方は多いのではないでしょうか。

雇用調整助成金とは、売上が減少しても従業員を休業させるなどして、雇用を維持した場合に国が休業手当の一部を助成するという制度となっており、1人1日当たりの助成金の上限額を8,370円から15,000円に、また休業手当などの助成率を中小企業は最大100%に引き上げるなどの特例措置を実施しています。ちなみに、未だに厳しい雇用情勢が続いているとして、7月までは継続することが決められていますが、8月以降の対応については未定のようです。「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」の対象地域で、自治体からの要請に基づき休業や営業時間の短縮などに協力する企業や、直近3カ月の売上などが前年や2年前と比べて30%以上減少している全国の企業が対象となっていますので、該当される方は各自ご確認をお願い致します。


さて、話が少し逸れましたが、こういった厳しい中でも新たに従業員を雇用しようと考えている事業主や企業はたくさんあります。

先日、個人事業主として飲食店を経営しておられる方から、新たに従業員を雇用するために使える助成金がないかとご質問いただきました。

まず、従来からある助成金は下記で一覧にまとめられていますのでご確認くださいね。

事業主のための雇用関係助成金一覧

コロナ関係でいくと、下記のものが使えそうです。

大阪府雇用促進支援金

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により大阪府内の雇用情勢が悪化している状況において、事業主による労働者の雇用の促進を図り、もって失業者の早期の就業に資するため、求職者を雇い入れ、一定期間雇用している事業主(法人、個人事業主等又は法人格のない任意団体)に対し、雇用等に要する費用を支援する、「大阪府雇用促進支援金」を支給します。

大阪府が運営している特設HPに掲載している民間人材サービス会社への求人掲載が必要となります。(選ぶ民間人材サービス会社ごとに掲載料や成約料等に違いがありますので注意)

◆正規雇用(労働契約の期間に定めがない雇用)25万円/人

◇非正規雇用(労働契約の期間に定めがある雇用)12.5万円/人

※同一の事業主が申請できる人数に制限なし

詳しくは下記ページを参照

大阪府/大阪府雇用促進支援金について (osaka.lg.jp)


ちなみに、ご相談くださったのは大阪府八尾市の事業主様でしたので、八尾市で独自の雇用関係の助成金がないか調べたところ、下記のようなものがありましたので、八尾市で事業をしておられる方は是非参考にしてくださいね。

八尾市雇用促進・定着支援金

八尾市民を新たに雇用すると、雇入日から支払った 3カ月間の合計賃金の1/2 が支援金として支給されます。
※正規雇用の上限40万円、非正規雇用の上限20万円

要件はいくつかありますが、特に気を付けていただきたいのが、令和3年4月1日~令和3年9月30日までの間に雇い入れることという点。ただし申請期限は令和4年2月28日と、まだ少し時間がありますので、雇用のタイミングが合うようでしたら是非ご活用ください!

八尾市雇用促進・定着支援金について | 八尾市 (city.yao.osaka.jp)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です